作品について


雨の影 (A LONELY RESURRECTION)

雨の牙 (A CLEAN KILL IN TOKYO)
雨の影 (A LONELY RESURRECTION)
雨の罠 (WINNER TAKE ALL)
雨の掟 ( REDEMPTION GAMES)
フォールト・ライン (FAULT LINE)

A Lonely Resurrection 孤高の暗殺者が東京に帰ってきたとき、死と密謀と愛の三重奏が夜に流れる…

日米ハーフの殺し屋ジョン・レインがピアニストのみどりと別れてから約1年。 その間、彼は大阪に潜伏していた。が、ある日、ついに警察庁の部長タツに発見される。そして、腐敗した日本の改革に傾注するタツの依頼を断りきれず、レイ ンはふたたび東京に戻る決意を固めた――新たな暗殺を遂行するために。だが、標的は想像以上に危険で、レインの周囲にはやがて死の影が忍び寄る。しかも、 いつしかCIAまでが暗躍しはじめていた……。世界中で絶賛された『雨の牙』につづき、孤高の暗殺者レインが活躍するサスペンスの白眉!



(訳者紹介)

池田真紀子 Makiko Ikeda

英米文学翻訳家。おもな訳書に、ディーヴァー『ボーン・コレクター』(文芸春秋)、リーズ『Mの日記』、パラニューク『ファイト・クラブ』(以上早 川書房)、ゴードン『死んだふり』(新潮社)、カーロン『沈黙の代償』(扶桑社)、バージェス『ダンデライオン』(東京創元社)、ジョハンセン『スワンの 怒り』(二見書房)、ウェルシュ『トレインスポッティング』(角川書店)など。

各国語版ページに戻る