作品について


雨の牙 (A CLEAN KILL IN TOKYO)

雨の牙 (A CLEAN KILL IN TOKYO)
雨の影 (A LONELY RESURRECTION)
雨の罠 (WINNER TAKE ALL)
雨の掟 ( REDEMPTION GAMES)
フォールト・ライン (FAULT LINE)

A Clean Kill in Tokyo バリー・アイスラー 池田真紀子[訳]

東京の闇に渦巻く恐るべき謀略と裏切り。ひとりの女のため、孤高の暗殺者が巨悪に挑む。

山手線の車内で男は突然崩れ、絶命した。それを見届けて、ジョン・レインは電車を降りた―作戦完了。日米ハーフの男レインは、東京で幾度も政治がらみの暗殺を手がけてきた凄腕の殺し屋だった。

ある夜、彼は美貌のピアニストみどりと出会い、心を奪われる。意外にも、彼女はレインが山手線で殺した男の娘だった。しかし、やがてレインが依頼されたのはみどりの暗殺。彼女を救う唯一の手段は、政界に潜む依頼主の謀略をレイン自ら暴くことだった!

東京の夜に謎と裏切りが輻輳し、愛と悲しみがたゆたう―全世界が注目する究極のハードサスペンス!


(訳者紹介)

池田真紀子 Makiko Ikeda

英米文学翻訳家。おもな訳書に、ディーヴァー『ボーン・コレクター』(文芸春秋)、リーズ『Mの日記』、パラニューク『ファイト・クラブ』(以上早 川書房)、ゴードン『死んだふり』(新潮社)、カーロン『沈黙の代償』(扶桑社)、バージェス『ダンデライオン』(東京創元社)、ジョハンセン『スワンの 怒り』(二見書房)、ウェルシュ『トレインスポッティング』(角川書店)など。

各国語版ページに戻る