著者紹介


かつて在アメリカ日本企業に弁護士として勤務したほか、三年ほど日本で経験がある。流暢な日本語を操り、日本文化にも造詣が深く、柔道は黒帯の腕前 である。現在は、執筆業に専念し、サンフランシスコ・ベイエリアに居住。取材のため頻繁に日本を訪れている。本書は、彼の処女長編で、世界各国で出版が決定している。